巷で話題の情報を画像や動画で詳しくコメント入りでご紹介。

ニュースポ24

スポーツ

宮原知子とメドベージェワ(メドベデワ)の違い。GPシリーズカナダ大会前に徹底分析、宮原に朗報?ロシア選手達の負のパターン情報!

投稿日:2016年10月27日 更新日:

宮原知子選手のGPシリーズが始まります。

まじめで、頑張り屋さんの宮原知子選手が早速、登場してきます。最大のライバルは

それは2歳年下のメドベージェワ選手。秘策はあるのか?

またロシア勢訪れる負のパターンとは何なのか?はたしてそれは、メドベージェワにも当てはまるのか?

Sponsored Link

スポンサードリンク


今までの対戦を見てみよう!

2015年GPシリーズ アメリカ

宮原知子選手(188.07)VSメドベージェワ(206.01)

2015年GPファイナル

宮原知子選手(208.85)VSメドベージェワ(222.54)

2016年世界フィギア選手権

宮原知子選手(210.61)VSメドベージェワ223.86)

2016年コーセーチームチャレンジカップ

宮原知子選手(77.56)VSメドベージェワ(73.28) ※SPのみ

 

こう見ると完敗ですね。

宮原知子選手はメドベージェワ選手に

今までに勝ったことが無いのです。

二人のベストスコアの比較です。

 宮原知子選手(18)              メドベージェワ選手(16)
sty1601050012-f11    evgenia-medvedeva1

total 214.9 (歴代11位)         223.86(歴代3位)

SP  72.48(歴代11位)         74.58(歴代7位)

FS  142.43(歴代6位)         150.10(歴代1位)

トータルで約10ポイント差ですね。

この差は大きいのか?はたまた小さいのか?

2016/17シーズンが始まっての初戦になります。

今シーズンを占ううえでもこのGPカナダ大会は注目の一戦ですね。

 

このスコアからするとやはりメドベージェワ選手が

圧倒的有利ですが、

ロシア選手の特徴で毎年結果が残せないという特徴があります。

彗星のごとく現れいつの間にかいなくなる、そんなパターンが・・・

Sponsored Link

スポンサードリンク



 

ソトニコア選手(20)

rankingshare-e7285d60c09111e3bcf206f514d317c8afa3dd3fed040c12e01
 

2014年ノーマークで挑んだソチオリンピックでキムヨナを抑えて

見事金メダルを奪取!!

しかし翌年からは全く良いところ無し

 

トゥクタミシュア選手(19)

ce-lrpmwaaebpm61

 

2015年の世界フィギア選手権で金メダルを奪取!

ソトニコアに代わるニュー女王が誕生したかに見えましたが

その後が良くない。

1位となる大会もあるが、大舞台で結果が出ない

スコアも平凡。

トリプルアクセルを飛べる数少ない選手なのですが・・・

 

リプニツカヤ選手(18)

f-sp-2012-1117-0002-ns3001

ソチ団体までは調子良かったのですが・・・

個人戦で緊張したのか、振るわず

ソトニコア選手に持っていかれてしまいました。

その後、スコアも成績も振るわず停滞気味。

 

こんな感じでトップを極めると、

翌年から落ちて行ってしますう現象。

女性ならではの問題なのか?

それともロシアという国の問題なのかは分かりません。

 

しかしこの流れからすると!

今年のメドベージェワは伸び悩むのではないか?

と考えることが出来ます。

 

「いやいやメドベージェワ選手は別格だよ。」

m11

そういう見方もできますが

そこは、初戦を見てみないと分かりませんね。

 

ただ他の選手と違うのは

グランプリファイナルを勝って、世界選手権にも勝っているので

トップに立った後すぐにダメになるパターンでは無い事は

証明されていますね。

初戦が気になります。

 

一方、日本のエース宮原知子選手。

 

miyaharasatoko1

一歩一歩着実に力を付けていますので

急にダメになることはまずないと思います。

スコアも一歩づつ上がって行ってます。

 

このまま上がり続ければ当然逆転もあります。

夏の間にどれだけ実力を伸ばせたかですね。

 

それではGPカナダ大会をじっくり見ていきましょう。

Sponsored Link

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

-スポーツ

Copyright© ニュースポ24 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.