巷で話題の情報を画像や動画で詳しくコメント入りでご紹介。

ニュースポ24

社会

スペインのカタルーニャはなぜ独立したい?もし独立宣言したら?

投稿日:

スペインのカタルーニャ州の独立運動がピークに達しようとしています。

なぜ?どうしてそこまでしてスペインから独立したいのか?

そこには明確な理由があったのです!

その理由やもし本当に独立宣言をしたらどうなってしまうのでしょう?

カタルーニャ州の独立について書いて参ります。

最後までお付き合いください!

Sponsored Link

スポンサードリンク


カタルーニャはどうしてスペインから独立したいの?理由は?


カタルーニャの独立運動がピークを迎えようとしています。

10月1日、カタルーニャでは独立を問う投票が

行われました。

開票を待たずしてカタルーニャ州政府は

独立賛成派が9割として独立の権利を得たと宣言しています。

しかしスペイン中央政府はそれを『違憲』だとして

認めていません。

それによりカタルーニャ自治州の住民と警官隊との衝突が

起こっています。

それは中央政府がカタルーニャで行われている選挙そのものを阻止しようとして

警官隊を送り込んだからです。

かなり強引な中央政府ですね。

一体なぜそこまでしてカタルーニャは独立したがっていて

中央政府は阻止したいのか?

そこには大きく二つの理由が考えられます。

カタルーニャがスペインから独立したい理由その①

「私達はスペイン人ではなく、カタラン人だ」という表現があります。

カタルーニャは元々独立した国でした。

カタルーニャは独自の歴史・伝統・習慣・言語を持ち、カタルーニャ人としての民族意識を有している

そんなカタルーニャがスペイン継承戦争(1701年-1714年)で敗れ

自治権を奪われてしまいます。

 

カタルーニャはスペイン軍の占領下に置かれます。

カタルーニャ議会や政府は廃止され、

カタルーニャ語を使用する事を禁じられました。

しかし2006年カタルーニャ自治憲章が制定されます。

この自治憲章は2005年9月のカタルーニャ州議会で賛成120(CiU、PSE、ERC、ICV)、反対15(PPC)で可決され、2006年6月の住民投票ではカタルーニャ州住民の73.9%の賛成票によって承認された。しかし、スペイン国会では右派の国民党(PP)がこの自治憲章案を激しく攻撃しており、いったんは国会下院で賛成189(PSOEなど)、反対154票(PPなど)で可決されたものの、国民党は自治憲章が違憲であるとしてスペイン憲法裁判所(英語版)に提訴した。

約4年間の審議を経て、2010年6月28日には憲法裁判所がこの自治憲章をスペイン1978年憲法と照らし合わせて違憲であるとする判決を下した。

この違憲判決はカタルーニャ社会に衝撃を与え

独立主義の支持率が急上昇していきます。

 

その後、独立を問う投票や独立デモなどが起きています。

このように、自分たちの言語や自治権を取り戻したいと言った事が

1つ目の理由です。

 

カタルーニャがスペインから独立したい理由その②

カタルーニャ州はスペインの中で優等生な州なんです。

いわゆる稼ぎ頭!

スペインのGDP(=国内総生産)の約20%を占める税収が最も多い州で、その経済規模は隣国のポルトガル1国を上回る。

しかし、バルセロナの新たな都心として再開発された地区では、幹線道路のトンネル工事がストップしたままの状態になっている。渋滞解消のため10年前に始まったトンネル工事だが、予算不足で完成していない。

当然、カタルーニャの住民は自分達の税金を取るだけ取って

分配が少ない!不公平だという不満が溜まっています。

スペイン政府はマドリードばかり優遇してバルセロナに対しては

お金を投じないとしています。

独立すれば自分たちで支払った税金は自分たちで使える訳です。

だからが当然独立したいと考える訳ですね。

これが2つ目の理由です。

 

また2012年のスペイン経済危機が独立へと拍車をかけました。

カタルーニャ州は信用各付けを落とされたようです。

スペイン政府は当然、稼ぎ頭を逃がしたくない訳です。

だから対立してしまう。

スペインももっと上手くやればいいのにと思ってしまいますね。

もしカタルーニャが独立宣言したらどうなる?


もしカタール―ニャが独立宣言をした場合どうなるのでしょう?

中央政府は憲法155条に基づく自治権停止という強硬措置で応じると見られる。独立派と治安部隊との再度の衝突にも発展しかねない。

 

 内戦もある?


独立宣言を10月10日するかもしれない?

カタルーニャ州・プチデモン首相「我々は独立する権利を得た」

10月10日に独立宣言をする可能性が出て来ました。

これはカタルーニャで独立を問う投票で賛成が9割以上に達した為だとしています。

しかしこの投票率が43%である事も事実で

この事実が原因でカタルーニャ内部で独立反対派のデモも起こっています。

まとめるのはなかなか難しそうですね。

カタルーニャの独立宣言・市場はどう見ている?

市場は独立は無いと見ているようです。

その理由は

もし万が一カタルーニャがスペイン政府の許可なしに

独立をした場合、EUに加盟する事は出来ないからです。

なぜななら

EUに加盟するには既存加盟国の全会一致の承認が必要で

当然スペインは承認をしないでしょう。

だから市場は独立は無いと見ている訳ですね。

ちなみにEUに加盟出来ないとどうなるのでしょう?

ユーロが使えなくなりますね。

ユーロが使えなくなると

銀行経営に大きく影響を及ぼす事になってしまいます。

カタルーニャ州に本拠地のある銀行は別の州に移行してしまうでしょう。

ユーロが使えない国に本拠地を置く銀行は

ECB(欧州中央銀行)からの信頼も大きく影響を及ぼす為

移転を余儀なくされるでしょう。

もし独立を強行したら

本部を置く企業は軒並み移転をしてしまい

カタルーニャの経済に大きな影響を及ぼしてしまいます

独立により今よりも豊かになるどころか

深刻な事態に陥る可能性が出て来てしまいます。

カタルーニャの住民の為にも是非、平和的な解決を望みます。

Sponsored Link

スポンサードリンク


まとめ


今回はスペインでのカタルーニャ州の独立について書いてい参りました。

参考になりましたでしょうか?

 

実際、カタルーニャ州が独立してしまうと

世界の経済にも影響が出ると思われますので

我々も生活にも影響が出てくるかもしれません。

是非、平和的解決を望みたいですね。

それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

-社会

Copyright© ニュースポ24 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.