巷で話題の情報を画像や動画で詳しくコメント入りでご紹介。

ニュースポ24

政治

衆議院選挙!何党の誰に投票するか迷ったら!参考の決め方や方法!

投稿日:

10月22日は衆議院選挙2017の投票日です。

もう皆さんは何党の誰に投票するか決まりましたか?

何党の誰に入れるか迷ってる人

よく分からない、どうしても決まらない人は

マニフェストと人相学を参考にして決めてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお付き合いください!

Sponsored Link

スポンサードリンク


衆議院選挙!何党の誰に投票する?決め方・方法!【マニフェスト】


衆議院選挙で誰に入れるか!

既に決まっている人は問題ないですが

特に関心は無いが、

不倫したり不正したり「ハゲ―」とか

暴言を吐いたりする人を選ぶことだけは避けたいと思われる方

 

皆さんが汗水流して働いたお金【税金】を使って

そんなことをしている人を選ぶ事に抵抗がある方は

参考にしてみて下さい!

 

何党の誰を選ぶか?

合わせ技で行きましょう!

これからの日本の先行きが決まる選挙です。

参加しないのは勿体無い。

皆さんに与えられて権利です。

有効活用しましょう!

それではまずは、何党に入れるのが良いか?


この表を見て頂いて

どこの党に入れればいいのかですね。

憲法改正


 

憲法改正と言っても何の憲法なのか分かりませんよね。

憲法9条の事のようです。

では憲法9条とは?

憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは、憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。

 

憲法9条とは?わかりやすく3つに

①戦争を放棄します
②戦力を持ちません
③国の交戦権を否定します

日本は戦後、憲法9条の基

上記の3つを守ってきました。

しかしこの憲法9条があると

北朝鮮などの脅威から日本を守れないと判断し

安倍首相が改正を唱えたのです。

<賛成>
自由民主党(自衛隊を明記、緊急事態対応、教育無償化など)
希望の党(一院制、地方分権、知る権利など。自衛隊は検討課題)
日本維新の会(教育無償化、道州制など。自衛隊には触れず)
日本のこころ(自主憲法を制定)

<慎重>
公明党(憲法9条1項2項は堅持。憲法の加筆は検討)
立憲民主党(憲法9条の改悪に反対。憲法議論は進める)

<反対>
日本共産党(現行憲法の前文を含む全条項を守る)
社会民主党(憲法改正は不要)

 

憲法9条を皆さんどう思いますか?

そのまま存続させた方が良いか?改正した方が良いか?

イメージしてみてい下さい!

原発問題

<賛成>
自由民主党(再稼働を推進)
日本維新の会(条件付きで再稼働容認)
日本のこころ(再稼働を推進)

<慎重>
希望の党(条件付きで再稼働容認。2030年までに原発ゼロ)
公明党(条件付きで再稼働容認。原発ゼロを目指す)

<反対>
日本共産党(再稼働に反対。原発ゼロを目指す)
立憲民主党(現状では再稼働を認めず。原発ゼロ基本法を制定)
社会民主党(再稼働に反対。原発ゼロを目指す)

これは記憶にも新しい、

東日本大震災で起きた原発事故により。

原発そのものが必要か?不必要か?

これは分かりやすいですね。

原発のメリット

・安定して大量の電力を供給できる
・発電量当たりの単価が安いので、経済性が高い
・事故が起きなければ国の技術力の高さの証明になる
・補助金等により、原子力発電所の周辺地域が経済的に潤う
・発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない
・酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因となる酸化物を排出しない

原発デメリット

・放射線の厳しい管理が必要
・毒性のある放射性廃棄物が発生する
・発電停止から廃炉解体が完了するまでに時間がかかる
・事故が起きて周辺地域に多大な被害を与える恐れがある
・事故が起きて放射線が外部に流出すると、人間が発電所に近づくのが難しくなるため、故障箇所の修復が困難となってしまう。

簡単にまとめると

原発は安価で大量な電気を作れ、環境にも優れ

周辺地域の経済効果をもたらす。

その一方で事故が起きた時は住めなくなるし人間に害を及ぼす。

そこを考えてみてい下さい!

消費税

<賛成>
自由民主党(2019年10月に実施)
公明党(2019年10月に実施)

<反対>
希望の党(引き上げを凍結)
日本共産党(引き上げを中止)
立憲民主党(直ちに引き上げできない)
日本維新の会(引き上げを凍結)
社会民主党(引き上げ反対)
日本のこころ(当分の間、引き上げ停止)

これは分かりやすいですね。

皆さんがお金を払ってモノを買う時に

必ず付いてくるのがこの消費税ですよね!

それが現在の8%から10%へ引き上げられる件です。

消費税をなぜ上げる?

消費税を上げる理由は、国の使えるお金が足りないから

増やす必要があると判断したからですね。

少子高齢化者社会が進む現在、

働く人の数が減っています。

その分、税金を集めてなければなりません。

そこで消費税を上げて集めよう!

という事ですね。

集めないと国が破綻します。

後は集め方ですねぇ。

衆議院選挙2017投票日はいつ?話題の候補者や投票率は?


衆議院選挙!何党の誰に投票する?決め方・方法!【人相学】


次は立候補者の人相から判断して投票する人を

決める方法です。

とにかく誰でもいいと思っている方!

それなら人相を見て決めるのはいかがですか?

 

性格は人相に出ますからね。

選挙ポスターを見て判断していみて下さい!

単純に好きな顔、嫌いな顔で選んでも良いですが

信頼がおける顔を人相学から調べてみました。

顔全体の印象から輪郭

 

輪郭が逆三角形の人【とがった顎】

頭の回転が速い神経質で不安が多く細かい事をすぐに気にしてしまう。

輪郭が四角い人【えらが張っている人】

一度決めた事は何事も根気よくやり遂げる人

表面的なことよりも実力主義、人から色々言われるのが嫌いなので目上の人に媚びることもありません。

輪郭が卵型の人【丸い顎】

円満な愛情の持ち主で、部下に対しても子供のように、家庭的に接する

几帳面なことを不得手とする。

目の大きさ

単純に見た目の印象で結構です。

 

目が大きい

・目の大きな人は「感受性豊か」「空気を読むのがうまい」「反応が早い」「人の感情を読むのが得意」といった長所を持っています。

・大きい(軽眼):視野が広く、機敏だが、物事を浅く考える

・人を威圧するようなギョロッとした目の人は、信念が強く、困難にたちむかう男性的な気塊を備えており、政治や事業などで成功をおさめることができます。

目が小さい

・目の小さな人は「勤勉で努力家」「地味な印象をもたれがちで感情表現が不得意」「物事の飲み込みは遅いが時間をかけて確実に自分の物にしていく」という特徴を持っています。

・小さい(重眼):意志が強く、辛抱強い

・小さな目の持ち主は(中略)地味ではあるが、粘り強い努力家

その人の裏の顔が見え隠れすると言われる「鼻」

鼻筋の通った人は、俗世間のことにわずらわされず、清く美しく生きようとする。上品なものに心をひかれ、学問・芸術などで教養をたかめ、洗練された人になろうとする気持ちが強いのですが、その反面、気取りすぎて足が地についていないための失敗もあります。

鼻すじがきれいに通った人は、常に先を考えながら行動する「思考派」タイプが多い

鼻筋の目立たない人は、思考よりも感情、論理より直感、と言った人が多い

鼻の大きさ

大きい:浪費家 慎重さに欠けるところがあり、何度も失敗してしまう場合もあるようです、しかし気前がいいので下の人間に好かれるでしょう。

小さい:倹約家鼻の穴の小さな人は、「節約家」、慎重で控えめ。計画性があり、行動する時は綿密な計画を立てる人が多いようです。

 

人相学では「鼻は財布」と言われています。
穴の大きさと言うのは出費に関わってくると言う事です。

大きい耳

・調和を重んじ慎重、常識的で堅実な思考派タイプなのが耳の大きな人です、決して軽はずみな行動はしないでしょう。

・記憶力がよく、直感力に優れていて素直なおっとり型で情にもろく、純情な一面もあり

小さい耳

・せっかちで感情のコントロールが上手ではなく、気分に流された行動をとりやすい人が多いです。

・感受性が強い、執念深い

・基本的に冒険が好き

耳の見え方

全部が見えない:沈着冷静、実行力があり、面倒見がよい
全体が見える :想像力が強く、派手好み、他力本願

以上、輪郭・目・鼻・耳について書いていみました。

それ以外にもありますが、今回はこのくらいにさせて頂きました。

一長一短ありますが、どんな人に国会議員になってもらいたいか

を考えて、人相から選ぶのもアリかなと思います。

宜しければ参考にしてみてい下さい!

Sponsored Link

スポンサードリンク


まとめ


今回は衆議院選挙の何党の誰に入れるか迷った時に

党のマニフェスト・人相学から

決める方法【決め方】について書いて参りました。

参考になりましたでしょうか?

投票日は10月22日です。

あなたの1票で日本が変わるかもしれません!

それでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

-政治

Copyright© ニュースポ24 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.