巷で話題の情報を画像や動画で詳しくコメント入りでご紹介。

ニュースポ24

社会

週刊文春の廃刊の可能性?小室哲哉の引退会見に芸能人コメント!

投稿日:2018年1月20日 更新日:

週刊文春・文春デジタルの廃刊の可能性はあるのか?

小室哲哉さんが週刊文春に不倫疑惑をスクープされ

引退となってしまいました。

それにより週刊文春に対しての批判が殺到!

その批判ツイートやコメント

芸能人のコメントをまとめてみました。

それでは最後までお付き合いください!

Sponsored Link

スポンサードリンク


週刊文春の廃刊の可能性はあるのか?


小室哲哉さんの不倫報道⇒引退報道で

一気に週刊文春に対しての批判が進みましたね。

このまま批判が続くと週刊文春は廃刊になってしまうのでしょうか?

・・・・・。

その可能性は薄いように思われますね。

結局、週刊誌を買い、読む人がいる以上

廃刊にならないと思います。

 

週刊誌ってそういうモノだと思いますね。

だから、

今回の不倫報道を受け、小室哲哉さんが引退し週刊文春がいくら叩かれても

週刊文春に売り上げが上がっている以上

廃刊になる事はないと思ってしまいます。

 

 

もし、廃刊に追い込みたいのなら

週刊誌を買わなければいいだけですよね。

でも買っちゃう。

 

この批判も計算に入っていたかどうかは別として

以外な人をターゲットにすると

反響は大きく、またそれに対しての批判も大きい訳ですね。

 

 

ベッキーさんの不倫の時もそうでした。

成宮さんの時の記事もそうでした。

 

かなりの批判はありましたね。

 

意外性で人の注目度は上がる訳ですよね。

いつも浮気している人が不倫報道が出たとしても

大した反響は無いはずです。

 

何の関心も持たなかったら

週刊誌は自然と廃刊になってしまいますよね。

結局ニーズ(需要)があるから週刊誌は供給し続けている訳ですね。

 

しかし、それにしても

今回の小室哲哉さんの不倫よりも

『引退』の反響が大きかったですね。

 

一世を風靡した音楽プロデューサーが妻を献身的にサポート

しかし、その裏で不倫していた・・・。

こう書かれると、

『あー残念』って思ってしまいますよね。

自然と反響は大きくなりますよね。

 

ただ

小室哲哉さん、どんな会見するんだろうと思っていたら

『引退宣言』

引退?なんで不倫したら引退するの?

って思ってしまいますよね。

 

本人は不倫の事実はないとおっしゃっています。

不倫は別に犯罪では無いですし

小室哲哉さんは公人でもない訳ですから

妻・KEIKOさんとの問題なだけですよね。

だから会見で「不倫はしていない、以上!」

と話すのかと思っていたら・・・

「引退します」

 

これはビックリしましたよね。

だからファンとしたら何で引退?となりますよね。

週刊誌が不倫報道を出した時は

まだそんな批判無かったように思えました。

 

だって事実どうかも分からないし

仕方ないと思う人もいるかもしれません。

でも、引退は別です。

なんで引退?

 

KEIKOさんの介護もあって

大変だという事もあるが

引退する事はなよ~!

って思います。

 

なんで小室さんが引退しなければならないのか

週刊文春が報道しなければ

引退しなかった!

ファンはそう考えてしまいますよね。

 

でも、本当にそうでしょうか?

そう考えるなら不倫報道が出た時点で

「こんな報道したら小室さんが引退しちゃう!

なんでこんな報道するんだ!」

って言うなら筋が通ります。

でも「小室さんが引退するのは

週刊文春のせいだ!」というのは

ちょっと見当違いな気がしますね。

 

引退は小室さんの意思であって

週刊文春の報道は関係ないと思います。

きっかけにはなったと思いますが

不倫報道がでたから引退する訳ではないと思います。

小室哲哉さんはそんな小さい人間では無いと思います。

 

不倫は最低!なーんて言葉をよく聞きます。

また、ゲス不倫とかアパ不倫とか

不倫報道が後を絶ちません。

 

でもこれって一般人が不倫していたらどうでしょうか

全く知らない人が不倫していたら

ご勝手にどうぞ!

のような感じになりますが

自分の娘の旦那がとか

友達の妻がとか

自分と近い人、顔見知りの人が

不倫をしているとどうしても気になりますよね。

知ってしまったら、

あまりいい印象を持たないと思います。

芸能人や有名人もそれに近いのではないでしょうか?

皆さん、小室哲代という人を知ってはいますが

会った事も無いし喋った事も無い

でも不倫していると聞くと気になる。

そんな事だと思います。

だから週刊文春は報道しただけだと思います。

 

引退は小室さんの考えであって

週刊文春が悪い訳ではないように思えます。

 

特に週刊誌を肯定する訳では無いですが

やはり需要があるから供給するのであって

このような話題は注目度が高いって事ですね。

 

ただ!

捏造やガセネタ、

個人を陥れようとしたでっち上げ報道は許せないですし

批判されて当然だと思いますね。

それにより誰かが傷つくのは、あってはならないです!

しかし、今回の件はそれに当たらないように思えます。

小室哲哉不倫疑惑・引退について芸能人・有名人コメントまとめ


今回の小室哲哉さんの不倫疑惑⇒引退会見について

コメントが沢山でいていますね。

芸能人のコメント

古市憲寿

「小室さんのKEIKOさんに対する愛情は、本当だと思うんですね。もともと夫婦の愛で、KEIKOさんがご病気になってからは、お父さんと娘みたいな関係になった。そういう関係になっている中で、違う女性がいるということは、そんなに別に違和感はないというか」と持論。「(KEIKOは小室の不倫疑惑について)そんなに真剣に分かっていないのかなという気もするんですね」と推測した。

エハラマサヒロ

「小室哲哉さん引退て…税金で生活してるんじゃないし
一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに…
もう不倫報道ええやろ。誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!!
雑誌がまた一人の天才を殺しました」とツイート。

小倉智昭

「奥さんに対する愛情とか、日常生活で一生懸命尽くされているのは、小室さんを見ていて本当なんだろうなとは思う。そこから先は我々は立ち入れないからね」

産婦人科医の宋美玄

「詐欺事件でイメージが悪くなったあと、奥さんの病気と介護を告白したことで世間も同情したりというのがあったから、反感を買ってしまうというのは仕方ないかな」

テリー伊藤

「記者会見する必要もないよね」と断じ、「奥さんが倒れたときに、旦那に『遊んでもいいわよ』っていう気持ちを持ってる可能性もある。夫婦じゃないと分からない」と話した。

和田明日香

「なんだろうこの切なさ」と一言。その理由として「小室さんがKEIKOと過ごした時間とか小室さんの献身的な看病にはウソがなくって、だからこその切なさ」と語った。「KEIKOさんがいらっしゃらないときに家にあげたりとか一緒に寝たなんてことは、とってもイヤですけど、なんかどこか同情しちゃう気持ちは何なんだろう」とモヤモヤする気持ちも明かした。

東国原英夫

「重たい決断だったと思うが、本人が出処進退を決めたので大人としてこれからどうカバーするか考えて頂きたい」とコメントし、「介護を理由にしたのは謹んでもらいたい。世の中には700万人、800万人と介護に携わっている人がいるので」と真顔で話した。

坂上忍

「去年くらいからやたら、なにかあると引退される方が増えまして、引退というケジメのつけ方も確かにあるのかもしれませんが、引退の場合は復帰するのも自由なので、引退がケジメの全てにはならないのではないか」

安藤優子

「私も全くその通りだと思う」と同意。「今回のこと(不倫疑惑)と引退がどうつながっていくのかな」

木村太郎

「そこまでプライバシーの話を披露することなのかな。ボクはちょっと許せない感じがします。不倫どうでもいいんだけど、自分の奥さんのことを公的に言うのはありえないこと」

川谷絵音

「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間。」と記した。

これに先立つ投稿では「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる。作った音楽はずっと残る」とツイートした。

ロンブー淳

「結婚なんて個人間の契約だから、色んな契約方法があっていいと思っていて。契約っていうとすごいシステマティックに思うかもしれないけど、やっぱり個々のやりとりだからKEIKOさんの今の気持ちを誰も推し量れないことを考えたら、やっぱり他人が人の不倫をいいとか悪いとか、この家族はこうでなければいけないというジャッジを下すのはどうかと思うけれど…。ただ今回は小室さんは不倫していないと言っているから」

舛添要一

「小室哲哉の辞任会見に正義漢ぶってコメントする者たちへ」とつづり、「発行部数と視聴率、正義どころか、金儲け第一主義。日本は終わる」と持論を展開した。

堀江貴文(ホリエモン)

「結局こうなるしかないビジネスモデル」「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル」と指摘。「誰得と言い続けてきたの俺だけ。ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた」「こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」と持論を展開した。

後藤正文(アジカン)

「些細な、誰かの人間らしい失敗よりも、露わにするべき悪事があるのではないかと思う。どうかしてる」

桜井誠(ドラゴンアッシュ)

「もういい加減、一瞬の娯楽感覚の報道で、大切な財産を破壊するくだらないニュースは必要ない。俺の大事な音楽を返せ」

 

週刊文春批判に賛否ツイート



 





Sponsored Link

スポンサードリンク


まとめ


今回は小室哲哉さんの不倫疑惑を

スクープした週刊文春の廃刊の可能性について書いて参りました。

いかがだったでしょうか。

小室哲哉さんには引退して欲しくなかった。

それはファンなら当然の思いだと思います。

安室奈美恵さん小室哲哉さんが同じ年に引退・・・。

寂しいですね。

それでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサードリンク

こちらの記事が人気です!

-社会

Copyright© ニュースポ24 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.