巷で話題の情報を画像や動画で詳しくコメント入りでご紹介。

ニュースポ24

ゲーム

FPS脳が【アルツハイマー】や【うつ】を引き起こす!脳の海馬に異変が生じる⁉

投稿日:2017年8月13日 更新日:

FPSゲームにのめり込むとでFPS脳になる!

FPS脳がアルツハイマーを引き起こす?

FPS脳とは一体何?

FPS脳になると脳の海馬がどうなるのか?

それではFPS脳について書いて参ります。

最後までお付き合いください!

Sponsored Link

スポンサードリンク


FPSゲームとは何?


まずFPS脳について話す前に

FPSが何の略か説明させていただきます。

FPSとは何の略?

ファースト・プレイヤー≪パーソン≫・シュター】の略

いわゆるシューティングゲームの一種で主人公の本人(第一者)の視点で

ゲームの中の世界・空間を任意で、移動でき

素手や武器などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指します。

基本的に画面に表示されるのはプレーヤーキャラクターの一部(腕など)と武器・道具のみである。

 

混同されがちだが、プレーヤーキャラクターの姿が見えるゲームは

サードパーソン・シューティングゲームTPS・第三者視点)

と区別されます。

日本では『ファーストパーソン・シューティングゲーム

アメリカでは『ファーストパーソン・シュター』と表現する。

本人≪一人称視点≫シューティングゲーム

という事になる。

 

FPS脳とはどんな脳?


一昔前に『ゲーム脳』と言う言葉がありました。

ゲームをプレイする事で認知症のような症状を引き起こす。

ゲーム脳』と言う言葉がマスメディアで盛んに報じられ

社会現象にまで発展しました。

その後、様々な研究者から批判に遭い『疑似科学』と認定されてからは

急速に衰退していきました。

英紙『DailyMail)』(8月8日付)などによると、FPSの代表される暴力的なシューチングゲームを

長時間プレイする事で、脳のニューロン活動が低下、灰白質が減少し

アルツハイマー病のリスクが高まる事を突き止めた最新の研究が

医学ジャーナル『Molecular Psychiatry』に掲載されたという。

 

モントリオール大学の研究者らは、100人の被験者に、FPSゲームの『Call of Duty』 『KILLZONE』『Borderlands

を計90時間プレイさせ、脳に見られる変化を調査しました。

その結果、記憶を司るとされる海馬の灰白質が減少している事が判明。

メカニズムは全貌は明らかになっていないが、

一説ではゲーム中に刺激される脳の尾状核と呼ばれる部分が使われる事で

海馬の細胞が失われサイズが縮んでしまうようです

意外にも、シューティング要素を含まな3D『スーパーマリオ』は

90時間プレイすると被験者の海馬では灰白質が逆に増加していたという

面白い結果が出たようです。

 

「テレビゲームは、特に視覚的な注意や短期記憶など、ある種の認知系に有益だと考えられてきましたが、海馬への影響という点に関して、なんらかのリスクがあるかもしれないということも行動学的な証拠から指摘されてきました。
そのため、今回我々はアクション系のテレビゲームを習慣的にする人の脳をスキャンし、包括的な神経イメージ研究を行うことにしたのです。 そして、習慣的なプレイヤーの脳には灰白質が少ないことが明らかになりました」

≪モントリオール大学グレッグ・ウェスト教授≫

FPS脳が【アルツハイマ】ーや【うつ】を引き起こす!

今回の研究結果から暴力的なシューティング要素のあるFPSゲームは

脳に何らかの悪影響を及ぼす事が示唆されたことになります。

海馬は空間記憶を司る脳の部位で、過去の経験を想起する際に極めて重要な役割を担っている。

その為、複雑な交通網を暗記し、

日々思い起こしているロンドンのタクシードライバーは

海馬のサイズが通常より大きいと言います。

 

逆に研究者らによると海馬が縮小するとうつ病・PTSD・アルツハイマー病と言った

脳疾患のリスクが高まるとのことです。

【反論】FPS脳の研究はまだ不十分である!


一方、英・オックスフォード大学のアンドリュー・プシビルキ教授は、

同研究が統計学的に不十分であると指摘、

小さいスケールの結果から推測された『騒々しい研究』であり、読者をミスリードする

極めて問題のある研究と批判しているようです。

 

まだまだこれから研究の余地があるという事ですね。

しかし、実際被験者の脳に影響を及ぼしたことは確かで

そこを見逃す事は出来ません。

子供を持つ親としては

今回の結果を踏まえてFPSゲームの時間制限が必要と考えます。

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

まとめ


今回の研究結果により、

暴力的ではないFPSゲームは

暴力的なゲームとは逆に、脳にいい影響を

与える結果となったようですが、

ここら辺もまだ研究が必要ですね。

どちらにせよ長時間のゲームは

体にとって良いとは思えません。

ゲーム時間はほどほどにしましょう!

それでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

 

-ゲーム

Copyright© ニュースポ24 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.