気になる有名人の現在

間瀬翔太の現在!脳動静脈奇形の難病指定活動でインフルエンサーに!

間瀬翔太さんの現在について調べてみました。

間瀬翔太さんは2019年7月に、脳動静脈奇形という難病(病気)患い手術を受け成功しています。しかし術後、端正な顔は大きくはれ上がりアザが残ってしまったようです。

顔は現在どうのようになっているのか?

また間瀬翔太さんは現在、脳動静脈奇形の難病指定著名活動をされていてインフルエンサーとなり話題の人となっています。

それではさっそく見ていきましょう!

間瀬翔太の現在・脳動静脈奇形の難病とは?

1986年生まれの33歳間瀬翔太さん(俳優・元アイドル)が2019年7月に10万人に一人と言われている、脳動静脈奇形という難病を患いました。

2004年、間瀬翔太さんはアイドルグループ『BLIZZARD”(ブリザド)』で芸能界デビューを果たし、その後映画やドラマなどに出演されています。

北海道出身で北海道局のバラエティ番組などに出演されていました。

テレビドラマは『妖ばなし』で初出演を果たしています。

これから飛躍していこうとした矢先に、この難病を患ってしまったわけです。

難病・脳動静脈奇形とはどんな病気?

ではこの脳動静脈奇形とはいったいどんな病気なのでしょう。

名前からしてかなり怖そうな病気ですね。

脳動静脈奇形とは

 

脳動静脈奇形とは

簡単に説明すると、心臓から体の隅々の毛細血管まで酸素や栄養素を行き届かせる役割をしているのが動脈。

逆に毛細血管から老廃物などを乗せて集合し最終的に心臓に戻しているのが静脈。

その二つの血管が毛細血管の働が悪いために、脳内で合流してしまいナイダスと呼ばれる血管の塊を形成してしまったわけですね。

このナイダスは幼児期や子供の頃に形成されやすいんだそうです。

脳動静脈奇形・原因

先天性なものなので原因はわかっていないそうです。

脳動静脈奇形・症状

頭痛・吐き気・意識障害・手足の運動機能障害・神経症状・けいれん・片頭痛

脳動静脈奇形・治療法

手術・血管内治療・ガンマナイフ(放射線)

 

こんな怖い病気を発症してしまい、ご本人は不安で仕方なかったでしょう。

でも今はすっかり元気になられているようですね。

間瀬翔太の現在はインフルエンサー・ブログがヤバい事に!動画

間瀬翔太さんは手術成功から5ヶ月が経った現在は”インフルエンサー”となっています。

香港A型とかの”インフルエンザ”じゃないですよ^^

間瀬翔太さんのアメーバブログが80年代生まれの俳優部門で1位を取り続けているらしいです。

その理由はご自身の病気の詳細をブログに書き綴っていたからなんですね。

間瀬翔太さんは現在、脳動静脈奇形の難病指定に向けて活動されています。

成人は難病指定ではない!

この脳動静脈奇形は小児にのみ難病指定とされていて、成人はにはされていないのが現状です。

間瀬翔太さんは、成人にも難病指定を認めてもらうために、ご自身が中心となり著名活動をされています。

こちらがその動画です。

現在ではすっかり顔も元のイケメンに戻られていますね。

この間瀬翔太さんの活動に賛同されるかたはこちらから出来ますよ。

現在の画像

上の写真は術後すぐのモノです。

痛々しいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

腫れもアザもなくなり、現在はすっかり元のお顔に戻られていますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

こちらは手術前の写真です。比べてみても分かるとおりすっかり元のイケメンですね。

良かった良かった^^

 

今回は間瀬翔太さんについて書いて参りました。

イケメン俳優が先天性の難病を患い、復活してインフルエンサーとなって難病指定の活動を頑張っています。

応援していきたいですね!

では今回はこれで以上になります。ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください