気になる有名人の現在

KEIKOの現在!マスク姿は鼻のせい?病状や子供について!

2018年1月19日に、電撃引退表明をした小室哲哉さん。

奥さんであるKEIKOさんと言えば2011年にくも膜下出血で倒れて以来、姿をお見かけしませんが現在はどうしているのでしょうか?

マスク姿が多いようですが、鼻が原因とか?

気になる現在の病状や子供についても調べて参ります!

 

それでは最後までお付き合いください!

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

KEIKOの現在!ツイッター再開か!?

 

引用元:https://www.cinematoday.jp/

 

まず、KEIKOさんがどういう方だったのかプロフィールからご紹介します。

 

芸名:keiko、KCO、kco、K-C-O(たくさんありますね)

本名:小室桂子(こむろけいこ)

旧姓:山田(やまだ)

誕生日:1972年8月18日

出身地:大分県、日本

学歴:大分県立臼杵商業高等学校卒業

ジャンル:J-POP

職業:歌手、作詞家

globeとしての活動期間:1995年~

所属レーベル:avex glove(2010年~)

配偶者:小室哲哉(こむろてつや)

 

高校卒業と共に、大阪に移住・就職をし、時々関西弁を話すこともあるそうです。

そして、1995年の8月に小室哲哉さんが主催するイベントのオーディションに合格し、globeのヴォーカルとしてデビューしました。

あの、高音ヴォイスは聞いていて気持ち良かったですよね~。

 

そして、2002年には、小室哲哉さんと結婚されます。

ところが、2011年10月24日、くも膜下出血で倒れ、緊急入院し、病気療養が始まります。

それからはほとんどメディアへの露出がなくなりましたが、現在の様子に変化があったようです。

 

 

さて、冒頭で紹介したとおり、2019年の1月14日には

「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす(絵文字)よろしくお願いします(絵文字)」

という文章がツイッターに投稿されました。

 

KEIKOさんのツイッターは、2017年12月11日「お休みなさい」と呟いたきり、更新されていませんでした。

そのアカウントから上記のツイートがあったのです。

 

日刊スポーツは、「KEIKO、1年ぶりツイッター再開でファン歓喜」というタイトルで記事にもしています。

という事は、呟いたのは、のっとりではなくご本人なのでしょうね。

このツイッター再開で、喜びの声が多数みられました。

本人かどうなのか、疑う声もありましたが、本人の呟きと考えてよさそうです。

 

病状がツイッターを打てるぐらい回復したのでしょうか?

それとも、代理で打ってもらったのか・・・そこまでは分かりませんでした。

その後に、連続して

「今日はかわいこちゃんの誕生日で・・・。嬉しくなってツイートしちゃいました(絵文字)」

と呟いていますので、ご本人によるツイートではないのかなと思われます。

 

ちなみに、くも膜下出血とは、脳の中の動脈瘤(こぶ)の血管が破裂することで、周囲の脳を圧迫し、何の前触れもなく突然倒れることの多い病気です。

後遺症が残ることが多く、KEIKOさんも、記憶が無くなる後遺症があるとされています。

死亡率は50%という高い数字ながら、KEIKOさんは無事に一命を取り留めることが出来ました。

現在も、小室哲哉さんが、一生懸命に介護しているとされています。

KEIKOさんの後遺症は、高次脳機能障害だそうですよ。

どんなものかは後述したいと思います。

 

KEIKOの現在はマスク姿ばかり!鼻を隠すため?

 

KEIKOさんは、くも膜下出血で倒れた後は、必ずマスクをつけています。

マスクを着けている理由を調べてみると、「鼻 陥没」というキーワードにたどり着きました。

どうやら、整形で失敗したのが原因のようです。

 

高校卒業時のアルバムの画像を見てみると、整形する必要はなさそうに見えるのですが・・・。

どうやら、プロテーゼと呼ばれる人工軟骨を入れたり、抜いたりしたようですね~。

ちょうど抜いたときに鼻が陥没している画像が出回ったようです。

 

KEIKOさんの鼻の陥没画像はこちら!

 

騒動前と騒動後を比べてみると、鼻が明らかに低くなっています。

ちょっとひしゃげた感じもします。

何故整形をしたのかはわかりませんが、本人の中ではコンプレックスだったのでしょうか。

この姿を隠すためにマスクを欠かさずつけているものと推測されています。

断言できるところまでの証拠はないのですが、画像を見る限りでは、鼻のトラブルの確率は高そうですね。

 

KEIKOの現在の病状は?

 

先述しましたが、現在のKEIKOさんの病状ですが、高次脳機能障害とされています。

耳慣れない言葉ですよね。

 

早速どんな症状なのか調べてみました。

主に、脳の損傷によって起こされる様々な神経心理的障害であるとされています。

知覚、記憶、学習、思考、判断などの認知過程と行為の感情を含めた精神機能を総称するようです。

くも膜下出血など、病気や事故によって脳が損傷されたために、認知機能に障害が起きた状態を高次脳機能障害と呼ぶのだそうです。

具体的な症状としては、注意力や集中力の低下、古い記憶は保たれているが、新しいことが記憶できない、感情や行動の抑制が利かなくなる、熟知している場所で道に迷う、言葉がうまく出ない、物にぶつかる、周囲の状況に見合った適切な行動が取れない・・・などの症状が出るようです。

後遺症はダメージを負った脳の部位によって異なるそうですが、どのぐらいの人が後遺症を患うかというと、30%は後遺症なく社会復帰、50%は死亡か治療対象外、20%が後遺症ありとなっているみたいです。

KEIKOさんの場合は、記憶障害があるという事になるようです。

 

2011年に倒れた直後は集中治療室に入っていましたが、一般病棟にうつり、KEIKOさんは峠を越えたといった発言を小室哲哉さんはしていますが、その後の介護はずっと小室哲哉さんがしていて、介護疲れがでてしまい、今回は肉体ではなく心の不倫があったとされています。

どこか、心の支えが欲しかったのかもしれませんね。

 

KEIKOさんは、記憶障害と、言語障害の後遺症があり、介護者がいないと生活できないレベルだと推測されています。

KEIKOさんは、現在はK-C-Oという芸名に変えているのだとか。

でも現在は、歌手としての活動はしていません。

というよりも、できない状態のようです。

 

小室哲哉さんの引退会見によると

「無理矢理レコーディングスタジオに引っ張り出して何とか一曲歌ってもらったのが4~5年前で、音楽に興味を持つことが日に日になくなってしまって、カラオケに誘っても、歌手という事に興味を持つことはなく、音楽の職業に戻ることは出来ていない状態です」

とのことです。

 

歌手になる、という欲のようなものが全くなくなってしまっているそうです。

「僕から見ても、女性というよりも女の子みたいな形に変わり、大人のコミュニケーションが取れなくなってきて、何度も繰り返しの質問であったりとか、僕も疲れ始めたのが3年ぐらい前くらいからあったと思います」

と小室哲哉さんは述べています。

 

そして、2018年では、ほぼ歌うことはなくなったのだそうです。

「お恥ずかしい話なんですが、一例ですが、今は小学生4年生ぐらいの漢字のドリルを楽しんでやってくれている状態です」

とも明かしています。

 

一方で、KEIKOさんの親族によると、小室哲哉さんの発言に対して異なっていると訴えてもいるようですね。

小室哲哉さんはほとんど介護に携わっていないとか、KEIKOさんは一人で外出できるほどで要介護者ではないとか・・・。

真相は私たちにはわかりませんが、小室哲哉さんとしては、妻であるKEIKOさんを襲ったくも膜下出血によって、生活が一変したというのは事実なのではないでしょうか。

 

実は、小室哲哉さん自身も、2017年には、突発性の難聴を発症し、さらにC型肝炎に感染して入院していたとのこと。

満身創痍ですね。

突発性難聴は、浜崎あゆみさんや、氷室京介さんなども掛かった事で有名な病気です。

同年8月には、小室哲哉さんが摂食障害と睡眠障害を併発します。

原因は精神的なストレスであると語られていました。

妻の介護をしながら、自身の体も蝕まれていったということになります。

さぞかし辛い日々だったのではないでしょうか。

 

 

KEIKOの現在画像に子供が!?小室哲哉との子供?

 

小室哲哉さんのツイッターに、KEIKOさんと、子供のスリーショットが掲載され、話題になりました。

子供との手をつなぐスリーショットで、画像が出回っています。

 

引用元:https://www.daily.co.jp/

 

やはり、KEIKOさんはマスクをつけたままですね。

間に女の子がいます。

 

小室哲哉さんは

「桂子の脳のトレーニングにぴったり!よろしくね~」

とつぶやいています。

ほほえましい写真ですが、二人の間にお子さんはいないとされています。

では、この子供はいったい誰ということになりますが、どちら側かはわかりませんが、従兄弟のお子さんだそうです。

 

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

あわせて読みたい
華原朋美が小室哲哉の仕打ちとKEIKOに怖いあてつけ?薬中時代画像!華原朋美さんはご存知ですよね! 華原朋美さんが小室哲哉さんの仕打ちについてや KEIKOさんに怖いあてつけをしている? ...

 

KEIKO・まとめ

 

KEIKOさんは、2011年にくも膜下出血で倒れ、一命をとりとめたものの、要介護の状態となり、後遺症が残ってしまいました。

小室哲哉さんが献身的に介護していたとされています。

2019年の1月、つい最近には、久しぶりにツイッターに投稿があり、話題になりました。

小室哲哉さんの引退会見では、小学生の漢字ドリルが楽しめる程度までにしか回復していないという事も明かされました。

そして、小室哲哉さん自身も、介護疲れなのか、2017年に入院していたことも判明します。

また、KEIKOさんは、鼻の整形に失敗したのが原因なのか、ずっとマスクをつけたまま外出しています。

騒動の前後の写真を比べると、鼻が低くなっていることが分かりました。

お二人とも、未来に向かって努力を重ねていらっしゃると思うのですが、引退後も、健やかな生活が出来ることを願っています。

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!

Sponsored Link

スポンサードリンク

あわせて読みたい
週刊文春の廃刊の可能性?小室哲哉の引退会見に芸能人コメント!週刊文春・文春デジタルの廃刊の可能性はあるのか? 小室哲哉さんが週刊文春に不倫疑惑をスクープされ 引退となってしまいました。...

 

ABOUT ME
konao
初めましてkonaoと申します。 このサイトに興味を持って頂きましてありがとうございます。 ここでは、世の中の気になる情報についてまとめています。 自分の意見もちょいちょい入れていますので、どんどん突っ込んでください。 まだまだ駆け出しですが、やる気だけはありますので応援よろしくお願いいたします! それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください