気になる有名人の現在

城咲仁の現在の結婚相手・嫁は誰?年収や干された理由が気になる?

城咲仁さんの現在が気になったので調べてみました。

現在の結婚相手(嫁)はどんなん人なのか?

城咲仁のプロフィール

  • 名前      城咲仁
  • 生年月日    1977年9月23日
  • 出身地     東京都板橋区
  • 血液型     B型
  • 事務所     フリー

城咲仁とは・・・

実家は板橋区大山の中華料理屋『丸鶴』。

子供時代に商店街『ハッピーロード大山』のマスコットキャラクターの名付け親になったことがある。

新宿・歌舞伎町のホストブ『クラブ愛』において5年間でNO.1ホストを務めカリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演。

ホスト時代から全国にその名を知られる有名人であり、本人曰く「当時の年収は1億円を超えていた」という。

当初の源氏名は「浅樹仁」だった。

2005年初頭に、ホストを引退してサンミュージックに所属し、バラエティー番組を中心に活動する。

2006年6月21日、酒井正利氏プロデュースによりフォーリーブスのカバー曲『ブルドック』で歌手デビューする。

 

城咲仁の結婚相手嫁は誰?

2021年、4月に城咲仁さんは、ご結婚されました。お相手はタレントの加島ちかえさん。

お綺麗な方ですね。

  • 名前: 加島 ちかえ
  • 出身地: 兵庫県
  • 生年月日: 1989年2月13日
  • 血液型: A型
  • 身長:160cm
  • 体重:45kg
  • 事務所:サンミュージック

加島ちかえとは・・・

女優や歌手もこなす、ものまねタレント。

志村けんさんの『バカ殿』や『志村けんのだいじょうぶだぁ』などにも出演した経験がある。

酒豪で志村けんとも意気投合。

歌って踊れてものまねも出来る、マルチタレント。

城咲仁と加島ちかえの馴れ初め

城咲仁さんと加島ちかえさんは同じ事務所・サンミュージックに所属していました。(現在の城咲仁さんはサンミュージックを退所して個人で活動されています。)

イベントの司会が出来る人を探して欲しいと頼まれていた城咲仁さんは、たまたま加島ちかえさんが出演しているステージを見て、声をかけ仕事を振ったことがきっかけに仕事上のお付き合いが始まりました。

そんな仕事上の付き合いが5年間くらい続いたある日、城咲仁さんは何気ない気持ちで加島ちかえさんを食事に誘ったそうなんです。加島ちかえさんも予定が無かったという理由でOKを出し、二人は食事に行くことに。

そこで初めてじっくり話をしてみると以外にも2人には趣味や好きな事に共通点が多かったそうなんです。それ以降、城咲仁さんは加島ちかえさんに惹かれていき交際に発展したんだとか。

それから2年間の交際を経て、3回目のデートの場所である横浜みなとみらいでプロポーズとなりました。

プロポーズは動画で見れます。

城咲仁のプロポーズ

加島ちかえさんは「尊敬でき、信頼でき、何時も居心地よく居させてくださる彼と共にこれからの人生を歩んでいきたいと思います」と、おっしゃっています。

ぜひ、末永く幸せになって欲しいですね。

城咲仁の現在の仕事はフードアドバイザーで年収は?

 

最近、テレビであまり見ない城咲仁さんですが、現在は『フードアドバイザー』というお仕事をされているようです。

テレビショッピングの番組で料理をしながらの商品販売などもされているみたいですね。また『薬膳インストラクター』『雑穀マイスター』『ジュニアスーパーフード』などの食品関係の資格を複数取得して仕事に活かしているようです。

さらに、実家の中華料理屋『丸鶴』の秘伝のタレを参考にした城咲仁さんのオリジナルだれ『漸(ZEN)』をプロデュース。

テレビショッピングのバイヤーとしては1日最高、1億7千万円売り上げた事があるらしいです。

さすがですね。

ちなみに、フードアドバイザーとは飲食店の開業や経営に携わり、店舗運営やメニュー企画・開発、テーブルコーディネートまでアドバイスできる人のことを言うんだそうです。

以前から料理が得意だった城咲仁さんにはもってこいのお仕事ですね。

少し見ない間に資格を取ってその道に進み、結果を出してしまう所は、さすが元NO.1ホストですね。

気になる現在の年収は?

NO.1ホスト時代は年収1億円とも言われていましたが、現在のフードアドバイザーとしてはいくら稼いでいるのでしょう?

現在は年収1,000万円位だそうです。ホスト時代に比べれば圧倒的に少ないですが、サラリーマンと比べれば多い収入。

ここにプラス芸能活動の収入や料理本の印税等が入るので、やはり、かなりの収入を稼がれていることは間違いないですね。

城咲仁さんが干された理由とは?

 

最後に城咲仁さんが干された理由について。

NO.1ホストという肩書を引き下げて芸能界に旋風を巻き起こした城咲仁さんですが、いつの間にかテレビから姿を消してしまいました。

それには理由があるそうなんです。城咲仁さんがタレントとしてバラエディーに出続けていた時のこと、あるドラマの仕事が舞い込んで来ました。

ルックスも良いですし、バラエティに出演しながらドラマにも…という流れはよくあるパターンですよね。

ただ、城咲仁さんは違いました。ドラマ出演に集中したいという考えから、バラエティーの出演を全て断ります俳優の仕事に専念したかったのかもしれませんね。

しかしその対応は、バラエティ番組関係者にとっては気分を害するものだったのでしょう。なにしろ実績の少ないタレントに出演を断られるわけですから。それ以降バラエティに呼ばれることが激減していったそうです。

しかも、バラエティをすべて断って取り組もうとしたドラマのオファーまでもが、台本が届き翌週から顔合わせという時に、キャンセルされてしまったんです。

このドラマオファーによって城咲仁さんの人生はガラッと変わってしまいました。

城咲仁さんが坂上忍さんを恩師と呼ぶ理由?

城咲仁さんは、実質、芸能界から干される形になってしまいました。

しかし今でも役者になりたいという気持ちは捨ていないそうです。その思いが強くなったきっかけは、2013年8月に坂上忍さんが脚本、演出する舞台に出演した事にあるようです。

面接で坂上さんから「お前、本当に役者やりたいの?」「どんなことやりたいの?わかった、じゃあまた」と言われ城咲仁も「あっ落ちたな」と思っていたらしいですが予想に反し出演が決定。

しかし、最初の本読みの段階から坂上さんに厳しい叱責を浴びせられたようです。

よくテレビで観る、坂上さんの叱責、お前、演技し過ぎ。何それ?」と坂上さん。

さらに出演者の目の前で「何もできねぇこと認めろよ。仕事ねぇだろお前!

だったら、どうすんだ?認めろお前は何もできねぇんだよ」と城咲仁さんは容赦ないダメ出しを受けたそうです。

その坂上忍さんの言動には、ホスト時代の栄光やプライドは何の役にも立たず邪魔になっていることを城咲仁さんに気付かせてあげたい、一から芝居に向かわせてあげたいという気持ちからだったのでしょう。

引用元:https://ameblo.jp/shirosaki-jin/entry-11812598781.html

2014年4月3日『gracias』で城咲仁さんは【恩師、坂上忍さん】と題して出演した舞台をこう振り返っています。

自分の実力不足や、芝居に対する取り組み方の間違いなどを気付かせてくれた、本当に感謝しきれない芝居の恩師」と綴っていたそうです。

坂上さんの叱咤激励を受けて、城咲仁さんも『目覚め、気付けた』のでしょう!

城咲仁さん、良い出会いをされましたね。

今後の城咲仁さん、役者としても期待が持てますね。

 

今回は城咲仁差の現在についてまとめました。

最後までお読み下さりありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください